WORKS__

DATE : December 31,2015

東京駅グランスタ「Tokyo Xmastation-動輪クリスマスツリーと101人の妖精-」

東京駅101周年を記念した東京駅GRANSTA(グランスタ)の「Tokyo Xmastation-動輪クリスマスツリーと101人の妖精-」(12月1日〜25日)を空間プロデュース。

東京駅101周年ということで、東京駅の素材を使ったオリジナルのクリスマスを表現。

動輪ツリー

そこで開業時に乗り入れていた9600形蒸気機関車の動輪を細部に至るまで復元し、組み合わせた「動輪クリスマスツリー」を制作。ツリーの周囲には、このツリーを作ったであろう東京駅に住み着いた101人のサンタクロース姿の妖精たちを遊ばせた。

©トコナツ歩兵団

車輪のサビや、車輪によって削られたレールの傷も復元。

光柱1

光柱2

妖精は1年に1人誕生する設定で、帽子には生まれた年の年号が記されており、自分と同じ年に生まれた妖精を探すのも楽しみのひとつに。

3men_02 (1)

3men_01

駅長姿の妖精は大正期のレジェンドたちに着せた。

コルトン1

コルトン2

東京駅各所で遊ぶサンタクロース姿の妖精たち。

東京駅GRANSTA「Tokyo Xmastation-動輪クリスマスツリーと101人の妖精-」概要

2015年12月1日(火)~12月25日(金)開催。
場所:JR東京駅改札内地下1階 GRANSTA(グランスタ)
主催:株式会社鉄道会館
空間プロデュース:トコナツ歩兵団
協力:青梅鉄道公園/鉄道博物館(公益財団法人 東日本鉄道文化財団)